バカラのルール

Baccarat Rules 670x400
レビュー
Baccarat Rules
バカラのルール

/*バカラ*/  

バカラとは「バンカー(胴元役)」と、「プレイヤー(客役)」の、二人による勝負で、どちらが勝つかを客が予想して賭けるゲームです。

 ディーラーが数組のカードをシャッフルし、シューターといわれるカジノ専用のカードケースに入れます。ゲームに参加した人たちはプレイヤー側が勝つか、バンカー側が勝つか予想し賭けるます。さらに「タイ」といって、勝負が引き分けに終わるという結果に賭けることも出来ます。

 バカラのルールを簡単に言うと、 「9に近い方が勝ち」 ということになります。実際ルールは知っていても知らなくても勝敗に影響することはないです。

ディーラーは「プレイヤー」と「バンカー」に2枚のカードを配る。
プレイヤーサイド/バンカーサイド双方に2枚ずつカードが配ります。 最初の2枚で、どちらかの合計点が8点または9点の場合、『ナチュラル』として即座にゲームは終了で、点数の多い方が勝利となります。プレイヤーサイドが勝利した場合は2倍の配当、バンカーサイドが勝利した場合は1.95倍の配当がなります( コミッションとして5%を取られますがカジノによりその方法は様々です)。同点の場合はタイとして勝負は引き分け、タイに対する賭け金に対して9倍の配当がなります。
最初の2枚で、プレイヤーサイド・バンカーサイド双方が6または7を出している際もゲームは終了します。
以上の条件に当てはまらない場合、プレイヤーサイドに3枚目のカードが配られます。バンカーサイドは合計点が2点以下の場合、無条件で3枚目が配られるが、それ以外の場合はバンカーサイドの点数とプレイヤーサイドの3枚目のカードの内容に影響されます。次の場合バンカーサイドには3枚目のカードが配られずにゲームは終了します。
バンカーサイドが3点のとき、プレイヤーサイドの3枚目のカードが8の場合
バンカーサイドが4点のとき、プレイヤーサイドの3枚目のカードが1,8,9,0の場合
バンカーサイドが5点のとき、プレイヤーサイドの3枚目のカードが1,2,3,8,9,0の場合
バンカーサイドが6点のとき、プレイヤーサイドの3枚目のカードが1,2,3,4,5,8,9,0の場合
バンカーサイドが7点の場合
 バンカーサイドにのみコミッションの徴収があるのは、わずかではありますがバンカーが有利なためです。

Rate article